2016年03月30日

〈32〉サンセイの反対

サンセイの反対は何なのだ?
 こういうタイトルをふると、それはバカボンのパパのセリフだろ!?と
ピンと来てしまう読者層もいらっしゃることと思う。
でも、さすがに漢文のエリアなので、バカボンのパパの話ではない。
前回から引き続き、化学の中の漢字というテーマである。
「酸性の反対」は何か? 
「そりゃ、アルカリ性だろ?」・・・・・・いやいや、漢字ネタですよ。
そもそも「アルカリ」ってアラビア語由来ということはご存知だろうか?
『体系化学』の読者なら語源を知っているはず。この形容詞形が alkalineだ。

「だったら塩基性だ!!」・・・・・・イヤイヤ、それも違う。
これは英語の‘basic’の訳語なのだ。塩基はsalt base 。
酸性は‘acid’=「酸っぱい」から来ている。その反対語が‘basic’とは、
英語系用語には論理性が欠如したものが少なくないがその一例である。
‘acid’という「味」でくるなら、アルカリ性も味で表現するのが対等性である。
あくまでも漢文のテリトリーなので、漢字での表現が追求したいところ。

酸が「酸っぱい」ならアルカリは・・・・・・「苦い」と答えたGHS生がいた。
その通り。アルカリの味は「苦い」で一応よかろう。
肥料に「苦土石灰」というのがある。「苦土」とは苦い粉末ということ。
ただし、「苦土」は酸化マグネシウムのこと。
だから豆腐を作るときに加えるものを「ニガリ」というがこれは塩化マグネシウムである。
だから、苦いはマグネシウムの味にすぎない。液体は「苦汁」という。
(くれぐれも苦渋とまちがえないように・・・・)
でも酸だって、酸っぱいで済まないものがあるのだから、
そもそも味なんて主観的なものは、化学用語にすべきではないのだ。

そこでようやく、「酸性」の反対の答えだが・・・・・・

セッケンの話
 セッケンを漢字で書ける人はそういないだろう。
「石」と書く。いや漢文的には旧字体で「石」と書きたい。
最近は、化学でも教育的な漢字制限とやらのせいで、「稀ガス」が「希ガス」となるだけでなく、
「セッケン」とカタカナで書いたり、「けん化」などと実にみっともない書き方をする。
この「鹼」とは何か?これが「アルカリ」という意味の漢字である。

肉を火であぶって焼くと、脂がしたたり落ちる。下には燃やした木々の灰が残る。
アルカリとはアラビア語で ‘ the ash (ザ・灰) ’というような意味である。
有機物中の、Na,K,Caが灰の中に酸化物として残る。これを水に溶かしたものが
「灰汁」であるが、これがアルカリ水溶液の昔の言い方である。

脂と灰(アルカリ)が混ざると、けん化が起こりセッケンができる。
市販のセッケンは天然やし油を今日アルカリで加水分解してつくるが、
とりあえずどんな脂や油でも、セッケンはできるのだ。

脂と灰とを混ぜて固めるので、「石」鹸なのである。

そこで結論。「酸性」の反対は「鹼性」と書くのが漢字としては正しい。
「鹼性電池」とは現代中国語で「アルカリ電池」のことだ。
しかし、やはり教育的配慮による漢字制限のせいで、
アルカリ性とか塩基性とかいうネジれた表現を学ばされるのが今の受験生ということになる。
posted by Kyuzen Ichikawa at 22:59| 漢字の由来と派生