2016年08月24日

〈36〉「学問の自由は、これを保障する」

主語と述語を巡って
 日本国憲法の第23条には、「学問の自由は、これを保障する」とある。
それでは、
   学問の自由は、これを保障する。
という文の主語はなんだろうか?という問いを立ててみよう。
 そう、主語は「学問の自由は」であり、述語は「保障する」である。
10人中9.9人(プロレスでいう2.9カウントみたいな)はこう応えるものである。
それは、中学時代に学ばされる国文法の名残りであろうし、
その枠にとどまっている限り正しい捉え方である。
 しかし、その枠から一歩出ると、それでは「漢文」の文法解析が
できないことに気づくべきである。
「・・・は」「・・・が」がつけば主語という単純な図式は、漢文には通用しない。
そんな格助詞は漢文には元々ついていないからである。
 人間としての認識構造から問いかければ、「保障する」の主語は、「国家」である。
それが「学問の自由」を「保障する」のであるから、SVOの第3文型である。
ただし、学問の自由がここのテーマであり、それを強調したいので、目的語を先置し
   学問自由保障之也
とするのである。
 漢文の例でいえば、
   時難得 而易失  「時は得難く、失い易し」
 英語でも  Time is difficult to get ,but easy to lose.
という同義的表現はあるが、これは
 It is difficult to get time,but it is easy to lose it.
を簡易化したものである。いずれも主語は「時」ではない。

かくして、目的語を強調するために OV+仮目的語 という順にならんだ漢文訓読調が
そのまま日本国憲法の条文に使われているわけである。

そこで、いいたいことは二つ。
一つは、「・・・は」「・・・が」がつけば主語とは限らないということ。
今一つは、「述語」という曖昧な文法用語が、この事実を覆い隠すに
一役買っているのを再発見すること。
 述語なんていう言い方は、認識構造としての文型把握を邪魔する存在でしかない・・・・・・
と気づけば、漢文の文法解析がまた愉しくなるものだ。

 ちなみに、
第19条 思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。
第21条 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
第29条 財産権は、これを侵してはならない。
・・・・・・
などもある。
posted by Kyuzen Ichikawa at 22:52| 漢文法補筆