2017年11月21日

〈43〉どんな虫が好き?

虫=insects !?
どんな虫が好き?と小学生たちにたずねれば、
「カブトムシ」とか「チョウチョ」や、
「ゲンジボタル」(おじゃる丸のおかげで)などが挙がるだろうか。
♫オケラだってミミズだって、アメンボだって・・・みんなみんな
生きているんだ、虫たちなんだ・・・ってなことを言いたいのではない。

ここでもし「は虫類」という答えが返ってきたとしよう。
カメやトカゲなんかが好きというのもありだろう。
すると現和人は、「それは虫ではないよ」と教えてやることだろう。

では、なぜ「爬虫類」には「虫」の字が含まれているの?
・・・と切り返されても困らないためのお話 (⌒-⌒; )

爬虫類ってどんな虫?
爬虫類の「爬」は、動物が這うように歩くの象形であるという。
ワニもカメもトカゲも、腕立て伏せしながら移動する。
もちろん、でかいトカゲである◯◯サウルス(大トカゲの意とか)たる
恐竜もこの仲間である。恐竜が虫 !!!???? とはこれ如何に。

現和人は、西洋科学的な、進化論に沿った生物学的系統樹による
生物分類に慣らされているから、爬虫類が「虫」にみえない。

センター試験、2010年本試出題に「老虫」という話がある。
筆者の出身地では虎のことを「老虫」というのだが、
別の地で、ネズミというのを知らず、「老虫」がいる!!
と言われてビックリした〜というエピソードである。

共に哺乳類であるから、爬虫類との共通点を探れば、
「虫」とは漢文世界においては、動物一般を指すことがわかるだろう。
つまり、生き物(animalというとやはりちょっとズレる)
だから、虫=insectではない。insectは「昆虫」という生き物である。

そこで漢文的カルト・クイズと行こう。

古中華人は、一説には、生き物の分類を
昆虫、羽虫、毛虫、甲虫、鱗虫、裸虫と呼び分けたとのこと。
では、それぞれどんな動物達でしょう?
まあ、このうちまともに現和人が認識できるのはおそらく昆虫だけだろうか。
たとえば、甲虫ってカブトムシでしょ?と思いたいところだが、
残念!! これは「亀」である。
羽虫はもちろんシロアリなどではなく・・・・・・

そう、もちろん「鳥」である。
現象論的分類だから、「甲羅」や「羽」をイメージするとよい。
では、この調子で……
毛虫=[             ] もちろん、worm類ではなく・・・
鱗虫=[             ] これはわかりやすいか・・・
裸虫=[             ] さてさて?? 


このうち「老虫」は、毛虫に分類される。哺乳類で
体毛に覆われいればよいから、ネズミだって獣のトラも
毛虫の仲間となるわけだ  ( T_T)\(^-^ )
現和人にとっては、げっ歯類とネコ科の動物として明らかに別物ではあるが、
漢文を理解する(いや、歴史的事象を理解するというべきか)には、
その時代の人々の目線と尺度、価値観と世界観を共有する必要がある。

漢文学習というのは、現和人がもつ価値観を相対化する機会であり、
別の世界ながら、我々に流れ込んで融和している漢文的視点を捉え返す窓口である、
・・・・・・なぜ、漢文を学ぶべきなのか?文法的に漢文解析をするその先には、
そんな世界が広がっていること、授業を通して伝えたいのは此の事である。


答: 鱗虫=[ 魚類 ].裸虫=[ 人間 ]  
posted by Kyuzen Ichikawa at 16:31| 漢字の由来と派生