2017年12月26日

〈44〉先生、小児、ネズミ

 まずは、最近はやりの脳トレ風に。

Q.「先生」、「小児」、「ネズミ」に共通する文字を答えなさい。

        もちろん、漢文絡みの問題として考えてください。
       ・・・・
ノーヒントでわかったら漢文マスターでしょう。

第一ヒントです。
        走るネズミイラスト.jpg
 ネズミは何のために走っているのでしょう。(しかも二本足ですな)
ここでわかった人は漢文力+教養、素晴らしいです。

では、第二ヒントです。
                  小野妹子.jpg

この人は、中学の歴史教科書にでてくる有名人です。
もう、わかりましたか?

そう、答えは、

      「子」
です。
「先生」のことは漢文では子(シ)ですから、
センター試験で、子供のことだと間違えると大変なことになるぞ〜!!
と注意喚起するのが恒例です。孔子、孟子、老子・・・。
だから、代名詞you=「子」で使うときも尊称です。
これが日本にも伝わると聖徳太子や小野妹子となるのです。
昔は◯子とついても、女の子とは間違われなかったのです。

それが、いつのまにやら、女性の名前に入れかわってしまいました。
ちなみに、私の姉の名前は「泰子(やすこ)」です。
もっとも、子供の意味では男女を問いませんね。
さらに不思議なことに、ご存知十二支のネズミは「子」ですね。

これってどういうこと?どこが共通?どうつながる?それが今回のテーマです。

そもそも「子」の漢字の成り立ちについては、諸説あるようです。
単純な字だけにいろいろと解釈できるのでしょう。
ふつうには「頭が大きい乳児を形どったもの」というもの。手を広げ、
乳児だから二本足で立ってないから・・・と。なるほど〜と思いますが、
これでは、子供の意味の説明にとして、現和人に納得せしめるには十分ですが、
先生とネズミはどうなんだい?というギモンに答えられません。きっと、
小野妹子もムッとすることでしょう。そこで・・・
我が愛用の『漢字海』(三省堂)によれば、
「十一月にあたる。陽気が兆し、万物が茂り始める。
 したがって、人の生まれ始めをいう」
中国古代の文献にある解釈だそうです。
これは、陰暦の十一月ですから、今の11月末〜1月上旬あたりになるそうです。
確かに、新年の兆しがあるがまだ出てはこない、そんな生命サイクルのスタート時です。

したがって、干支・子=ネズミではありません。
「第1着〜 ネズミさん」という意味です。1.ネズミ 2. 牛 3.虎
ということであり、子,丑,寅・・・は動物名ではなく漢数字なのです。

「あん、だったら何かい? フーテンの寅さんってぇのは、トラじゃねえのかい?」
「ありゃどう見ても虎にゃ見えやしねぇ、じゃあ寅は三男坊だったかい?」
いえいえ・・・まあ、私が理解する限りは彼は長男。仕事は自由業、テキ屋さんですから、
つまり「第三次産業に従事する方」=「寅さん」という、後付け解釈でいかかでしょうか。

さてさて、物事の始まりとすると、先に生まれた人、さらには元祖・教祖とは「第一」
ということ、ここから道がはじまるのですから、敬意をこめて「孔子」と呼んだのでしょうね。
しかも、師=子=シです。会話上では「孔子」でも「孔師」でも区別はつきませんね。
文章にしてはじめて子になるのですが、表意文字としても表音文字としても
「師」に通じるのですから、妹子さんのように身分の高い人に「子」をつけることは
古代日本においては誉れ高きことだったわけです。

もちろん、「〜から生まれたもの、子供、小さきもの、可愛いもの」
という意味としては様々あり、
電子、原子、遺伝子、因子、粒子、精子、卵子、種子、胞子から
枕草子、冊子、子音、扇子、帽子、菓子、豆子郎、硝子
寺子屋、店子、案山子、金子(キンス)、子分、
天子、皇太子、王子、小公子
桃子、マツコ・・・
のように広く使われるようになりました。

追記) 昔、歌手の欧陽菲菲が日本に来たばかりのとき、テレビにでて
       (台湾出身・代表曲「雨の御堂筋」・「ラヴ・イズ・ オーヴァー」など)
「オザキキヨヒコ」はコがついているから女性かと思って、
実際あったら男でビックリした、という話を語っていたのを思い出しました。
ちなみに、歌手・尾崎紀世彦の代表曲は「また逢う日まで」です。

posted by Kyuzen Ichikawa at 12:33| 漢字の由来と派生