2017年01月26日

〈38〉白石って、どうよ

今年のセンター試験、フタを開けてみたら、あれあれ、
新井白石の日本漢文ときた。
これには、賛否両論のようである。

今の日本人だって、医学部でも英語で研究論文を読み書きするのが普通である以上に、
聖徳太子から江戸時代に至るインテリ和人が、漢文を受容しさらに駆使し、
漢文で書物を著すところまで自己化していた。白石の漢文は、そのほんの一例である。
かつては追試ながら、頼山陽の漢文の出題があった。
また、私の手元には、私立大の出題であるが、かの水戸光圀の漢文なんてのもある。
その意味では、和人の漢文だろうと、本場中国の漢文だろうと、遜色はないのであるし、
漢文受容の歴史から言えば、そういうのもあっていい、とは思う。

『白石先生遺文』の冒頭、まえがき的な部分。内容は比喩的評論文であり、こういう論理性を
和人は漢文で表現できたのだと知るのには良い資料だが、展開も設問も「漢文らしくなく」、
個人的にはどうも面白みに欠ける。
こういう抽象論は、東大の理系の二次あたりで記述式で出せばいいんじゃないか、と思う。
だって、漢文のネタは古文とちがって、それこそ無限にあるわけで、もっと理系にとって優しい素材を
探してほしいものである。まあ、漢詩文の出題よりも、これはハレー彗星のごとく、
中々お目にかかものではないだろうから、記念碑的に、解析にとりかかっている所である。
……授業では使えないかなあ・・・来年東大受験生がいたら、改作して使うかな・・・・等々。

posted by Kyuzen Ichikawa at 10:41| 閑綴帳