2017年08月26日

〈41〉 柳さんと楊(ヤン)さん

家族のスケジュールもあわず、仕事もギュウギュウのこの夏、
とくにバカンスとはいかなかったが、実はひとつだけイベントがあって、
こんな写真を撮ることができた。

salix.JPG

写っている人の大きさからわかるように巨大な柳の樹である。
樹齢は100年を越しているだろう。
北海道大のキャンパス内の光景である。
実は、高校二年生になる息子が、北大のオープンキャンパスに行きたい!!
と言い出して、急遽、GHSの土曜の授業後に、東京駅で待ち合わせ、
羽田から札幌に飛んで、日曜日の夜に長野にもどってくる
という強行軍に及んだ。仕事などで北海道を訪ねたのは、
これまで冬ばかりだったので、爽やかな広い空の北の大地を堪能できた。

さて、本題。
「柳」と「楊」はともにヤナギだということをご存知だろうか。
つまようじは、「爪楊枝」と書く。
つまり元々はヤナギを削ってつくったものだ。
(ただし昨今目にする「ようじ」は違う木がほぼ100%)
なぜ、おなじヤナギに二つ漢字があるのかというのが最初の問題。
学名.JPG

樹に接近すると、さ〜すが、ちゃんと学名が書いてある。
「サリックス・バビロニカ」と読める。
私たちが普通に目にするしだれ柳の学名である。

これに対して、西洋シロヤナギ(White willow)というのがあり、
学名をsalix albaという。こんな感じの樹。
salix alba.jpg

もっともヤナギというのは世界中に何百種類もあるらしく、
写真一枚きりで語るのはどうかと思いはするが、またとにかく違うらしい。

どうして、そんなにヤナギに思いを寄せるのか?というのが次の問題。

実は、このsalix albaの樹皮から抽出されたのが「サリシン」である。

そして、このサリシンから、「サリチル酸」が単離され、やがて、
「アセチルサリチル酸」すなわち‘アスピリン’という解熱・鎮痛薬の
人工合成に成功することになる。1897年のことである。
人類初の人工合成薬のアスピリン(独・Bayer社)は、
世界一売れた薬としてギネスに登録されている。

ヤナギは、古代ギリシアの医聖ヒポクラテスの時代から、
生薬として鎮痛作用が知られており、その中で選ばれしヤナギが、
salix albaだったのである。
当然に、これで楊枝をつくれば、歯痛の鎮痛になるわけだ。

もっとも今は、ヤナギ楊枝は高級贈答品扱いだし、歯痛のときは、
そんな一時しのぎに頼らず、歯医者にいくことを勧めるが……。

今や「柳」といえば、井戸の側のユーレイの背景アイテムと化してしまっているが、
実は、このサリシン等の生理活性作用によって、ヤナギの生命力は極めて強く、
古来ヤマトより、早春の青柳は、春の息吹きの先駆けだったのである。
強固な根を張ることで、水辺に植樹され、土手を守ってきた。

『医大受験』の医薬エッセイ連載では、こんな話を綴ったが、
北大の、ケタ違いに大きなsalixに出逢って、その生命力を再感した次第である。
posted by Kyuzen Ichikawa at 12:04| 漢字の由来と派生