2014年06月24日

〈7〉武井咲のこと

 今日は、若手人気女優の武井咲の話をしよう。とはいっても、大ファンとして熱く語る、
なんてことはもちろん(?)しない。
さてさて、『漢文解析』の読者には年配の方も少なからずということなので
まずは確認しておくが、読み方は「タケイ サキ」ではなく、「タケイ エミ」である。

 もし、ここまでで『漢文解析』のどこにひっかけた話題かがわかった人は
相当に読解力に長けた読者である。
  それは後にふれるとして「咲く」がどうして「エミ」という読みになるのか?
という問題である。
「どうせ人名なんで当て字だろう」、とか、「昨今流行のキラキラネームの一つじゃないの?」
とかいうのは邪推というものである。
これは、漢文的にはまったく正しい、実に教養ある親がつけた(本名ならだが)
命名なのであり、格好の漢文ネタといえる。
 漢文ないし漢字の素養がある人なら実は常識なのだが、には「咲く」bloomという
意味は元々ない!!。口偏になっていることからも察せられるように、これはそもそも
「笑う」という意味の動詞なのである。それがどうした事か、古和国に入ってくるときに、
なんらかの誤解が混じったのか、「花が咲く」という言い方が通用するようになって
しまったのである。現和人は、もはや疑う事なく「咲く」を使っているから、
そういう日本漢字としてつかうしかないが、「スミレの花、ワラう〜頃」
「桜、桜、今ワラい誇り〜」・・・古漢人は首をひねるにちがいない。
ちなみに、「わらう」には【笑う、嗤う】の二通りの漢字をあてる。
の異体字であり、要するに同じものなのである。

だから、「武井ワラウ」のところをちょっとキラッと意訳して、「武井エミ」としたのは
中々センスある命名であると思う。
(でも、念のためにいいますが、ファンでもなんでもないですよ。)

日本漢字・逍遥
 これと同様の「誤解が生んだ日本漢字」をいくつか『漢文解析』で取り上げておいた。
その代表格は、ご存知である。には「若い」=youngという意味は一切ない。
これは、selectという意味の動詞であり、young=弱,少であり、とが音が
「ジャク」で共通なので、混用されたなどといわれている。
 でも、今更訂正が利かないほどに、日本漢字化してしまう。もし古漢人が、
「若大将シリーズ」というタイトルをみたら、きっと、多くの名将軍の中から
選び抜かれた、勇猛な大将軍を想起するのだろうか……。
さしづめ、「若者の集い」なんて類いは「エリート集団」の行事になってしまうんだろう。
 もう一つ、誤解的日本漢字をテキストから挙げるとすると、である。これには、
ダレ=whoという意味はない!というのも、咲撃的(笑撃のつもり)だ。
whoにあたるのは、マイナーな方のであり、の方は「名前を問う」の「問う」の
方にあたる。たしかに言偏になっているではないか。

posted by Kyuzen Ichikawa at 08:53| 漢字の由来と派生